1:名無しさん@涙目です。(福岡県) 2011/03/29(火) 17:43:59.02 ID:b+9EApdM0●
たばこ品薄 工場被災し30日から出荷停止

日本たばこ産業(JT)は、30日から4月10日まで生産する97銘柄すべての出荷を停止する。
東日本大震災で工場が被災した。苫小牧市のコンビニエンスストアでは、早くも品薄になり、販売制限を設ける店舗も出始めた。
「商売にならない」。小売店から悲鳴が聞こえる。

JTによると、全国6カ所の製造工場のうち、全製造量の3分の1を占める宇都宮市の北関東工場と福島県の郡山工場が震災した。
葉を加工する茨城県と福島県の2工場も被災して稼働をストップ。
フィルターを製造するグループ会社の宮城県の工場では、建物内への立ち入りが禁止になっているという。
工場の被災に加え、道路網が寸断されて物流が停滞、燃料不足も重なって、「原材料の調達が難しく、安定的な供給は無理」(JT広報部)という。
出荷を停止しながら、マイルドセブンやセブンスターなど主力25銘柄の生産に力を入れて在庫の充実を図る。出荷再開は4月11日。
6〜7銘柄からスタートし、5月中旬まで順次、25銘柄まで増やすという。
JT広報部は「被災した工場の稼働のめどは立っていないが、できる限り早く復旧させたい」と話している。
主力銘柄以外のたばこの出荷は未定という。

こうした事態を受け、苫小牧市内のコンビニでは、たばこ商品棚に空きが目立ち始めた。
同市春日町のコンビニは、約150銘柄を店頭に並べているが、すでに50銘柄が売り切れに。
さらに、注文通り商品は届かず、28日から「一人2個まで」とお願いしている。店長は「売れ筋が入らず、売り上げが減ってしまう」と頭を抱えた。
別の店では、在庫がなくなった商品もある。「吸っている銘柄の在庫がない場合、 タールやニコチンの量が同じ別な銘柄を進めている。しかし、いつもの銘柄を買うため、探しに行く客は多い」と話す。
セブン―イレブン・ジャパンとローソンは「各店舗の実情に合わせ、販売制限の判断を任している」という。
道内大手のセイコーマートは「現段階では販売制限を設けていないが、状況によっては変更の可能性もある」と話している。

http://www.tomamin.co.jp/2011t/t11032901.html