1:名無しさん@涙目です。(関西地方) 2011/03/15(火) 05:40:57.54 ID:C6+wXHo30
東日本巨大地震を受け、府内では14日、箕面市で被災地に届ける救援物資の受け付けが始まった。
一方、寝屋川市などが被災地に義援金を送ると発表、府も岩手県に職員を派遣するなど自治体の支援が本格化した。

 ■救援物資

 救援物資の受け付けは箕面市船場西の総合保健福祉センター分館で始まり、物資を手にした市民らが次々訪れた。

 市社会福祉協議会が設置。受け付けているのは、未使用のタオルや毛布、粉ミルク、紙おむつ、
消費期限の切れていない食料品などで、午前9時〜午後5時に開設する。

 家にあったタオルを持ってきた吹田市樫切山の主婦菅原由紀さん(40)は「阪神大震災では他人のために何もできず、今回は何かしなければと思った。
少しでも早く届けてほしい」と切望。箕面市船場西の主婦安宅寛子さん(34)は「阪神大震災を思い出し、いてもたってもいられなかった。
お年寄りの方が多いみたいなので」と毛布を持参した。食料品を運び込んだ豊中市北緑丘の会社員河田博人さん(35)は
「節電を心がけるなど私たちにもできることがあるはず」と話していた。

 14日だけで府内外の85人から、タオル1800枚をはじめ約2200点が寄せられた。

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/osaka/news/20110315-OYT8T00056.htm


東京
水やガソリン…首都圏で買いだめ 被災地に届かぬ恐れ
http://www.asahi.com/special/10005/TKY201103140523.html