1:名無しさん@涙目です。(東日本) 2011/11/05(土) 23:56:05.88 ID:UQe+cnAf0
米現代アートを代表する画家ジャクソン・ポロック(1912〜56年)の傑作の一つで、 イランのテヘラン現代美術館所蔵の「インディアンレッドの地の壁画」が5日、名古屋市の愛知県美術館で開封された。

 縦1メートル83、横2メートル44の大作で、評価額約200億円といわれる。塗料を即興的に流し込んだり、 まき散らしたりして描かれた作品で、赤褐色の地に白や黒の曲線が躍動感豊かに乱舞している。

 国内に所蔵されている28点を含め、ポロックの作品計64点が一堂に会する日本初の回顧展「生誕100年 ジャクソン・ポロック展」(読売新聞社など主催)は 同美術館で11日から来年1月22日、東京国立近代美術館で来年2月10日から5月6日まで開かれる。
(2011年11月5日20時56分 読売新聞)

img1


http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20111105-OYT1T00762.htm



4:名無しさん@涙目です。(dion軍) 2011/11/05(土) 23:57:09.49 ID:PJ4ioFI50

精神科に持っていったら病名つくレベルの絵だな