http://uni.2ch.net/test/read.cgi/news/1325038496

1:名無しさん@涙目です。(生田神社) 2011/12/28(水) 11:14:56.63 ID:xsNNQKhw0●
 フジテレビの自己検証番組「新・週刊フジテレビ批評」では2011年12月24日、2012年のメディアのあり方について議論された。
メディアジャーナリストの津田大介氏はこのなかで2012年を「リアルタイム報道飛躍の年」と位置づけ、 テレビでは一般的な視聴率のほかにツイッターやフェイスブックといったソーシャルメディアで「番組に対しどのくらい盛り上がったかが新たな指標となる」と語った。

 番組では「2012年 日本とメディアはどう変わるのか」を予想する議論があった。
津田氏はこれに「リアルタイム報道が飛躍の年に」と答え、テレビや新聞での報道は「速度感についていけていない」と語る。
その一方で、パソコンを使うインターネットユーザーの3人から2人に1人がツイッターのユーザーでもあるとし、

「『今こんな面白い番組があるよ』というのでテレビをつけたり、『こんな映画をやっている』というきっかけになったりしている。今後はテレビを知るきっかけがツイッター、フェイスブックとなっていくとき、そうした数字は視聴率に反映されない」
とし、

「今この番組に対し、どれくらい盛り上がりがあったか(どれだけの)コメントがあったかがある程度指標になって、広告主や製作側の参考となる」
との見方を示した。これについては、テレビなどを見ながらコメントを投稿できる「ニコニコ実況」では、 「それ指標にしたらラピュタすげえことになるww」と映画『天空の城ラピュタ』テレビ放映時のツイッターでの盛り上がりを心配するコメントがあった。
20110819224518
http://news.nicovideo.jp/watch/nw168697



100:名無しさん@涙目です。(生田神社) 2011/12/28(水) 11:27:35.90 ID:nQSBVou20

ネットのフジに対する意見を参考にしたら

日本企業はすべてスポンサー降りるだろw