1:☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★ 2012/01/13(金) 10:18:08.61 ID:???0
★<HIV>「感染で退職強要された」看護師が2病院提訴

・HIV(ヒト免疫不全ウイルス)感染の検査をした病院が、感染を無断で勤務先の病院に伝え
 退職を余儀なくされたとして、九州の20代の看護師が両病院を経営する2法人を相手に、
 慰謝料など計約1100万円の損害賠償を求める訴訟を起こした。厚生労働省が都道府県に
 出したガイドラインは、医療現場を含めた職場でHIV感染が就業禁止の理由にならないと
 定めている。原告弁護士や専門家によると、医療従事者である看護師がHIV感染と退職を
 巡って提訴するのは初めてという。

 提訴は11日付。訴状によると、看護師は九州の総合病院に勤めていた昨年6月、目に
 異常を感じ複数の病院を受診。その後勤務先の総合病院にかかり、8月、紹介された
 大学病院での診察でHIV感染の可能性が浮上し、検査で陽性と判明した。

 看護師はHIV治療薬の副作用による体調不良などで一時的に病欠したが、大学病院の
 医師から「注射などで自分を刺して患者を刺すことはあり得ず、あったとしても感染させる
 リスクは小さいので上司に報告する必要もない。看護師を続けることは可能」と言われ、
 出勤した。

 しかし、勤務先の病院幹部らから「HIVが陽性という報告を受けた。患者への感染リスクが
 あるので休んでください」「業務規定では90日以上休むと退職扱いになる」などと言われ、
 大学病院から勤務先に感染の事実が伝わっていることを知った。看護師は休職し、11月末、
 病院を退職した。看護師は「診療情報が患者の同意なく別の病院に伝わったのは医師の
 守秘義務に反する」と主張している。

 大学病院と看護師が勤務していた病院は「訴状を見て対応したい。現時点でコメント
 できない」としている。
img_1696917_28338524_0
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120113-00000012-mai-soci

http://uni.2ch.net/test/read.cgi/news/1326417488