1 : クレヨン(愛知県):2010/03/30(火) 20:13:56.24 ID:cDHTDGGr●

国松長官銃撃が時効 犯人特定の物証得られず


 1995年、当時の国松孝次警察庁長官が銃撃された事件は30日午前零時、殺人未遂罪の公訴時効(15年)が成立した。警視庁は、警察トップを標的にしたテロ事件の捜査に延べ約48万人の捜査員を投入してきたが、犯人を特定する物証や供述が得られず、捜査は未解決のまま終結。南千住署捜査本部は同日にも容疑者不詳のまま書類送検する。

 事件はオウム真理教による地下鉄サリン事件の10日後の発生。教団に対する警視庁の強制捜査が始まった直後で、捜査本部はサリン事件捜査のかく乱と報復が動機となった教団の組織的犯行とみて、捜査を続けてきた。


【警察庁長官銃撃事件】
 1995年3月30日午前8時半ごろ、東京都荒川区南千住6のマンション「アクロシティ」で、出勤のため自宅から出た国松孝次警察庁長官(当時)が狙撃され、4発中3発が腹などに命中。

 犯人は自転車で逃走。使用された銃は米コルト社製38口径「パイソン」とみられ、弾は殺傷力の強いホローポイント型マグナム弾。国松長官は一時意識不明の重体だったが、2カ月半後に公務に復帰した。


http://www.chunichi.co.jp/article/national/news/CK2010033002000126.html
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/news/1269947636/