1 : 建築家(大阪府):2010/08/27(金) 14:44:19.90 ID:4Zc1PrnCP

知人が企てた強盗計画を佐賀県警に知らせて「おとり捜査」に協力したのに逮捕され、事実と異なる報道発表もされて精神的苦痛を受けたなどとして、佐賀市兵庫町、中古自動車販売業原一弘さん(39)が、県を相手取り330万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が27日、佐賀地裁であった。

野尻純夫裁判長は県警の過失を認め、県に33万円の支払いを命じた。

訴状などによると、原さんは2007年7月21日、知人の暴力団幹部から強盗に協力するよう求められ、犯行日の運転手役と目出し帽の準備を指示された。目出し帽を購入するなどしたが強盗したくなかったため、同28日の犯行予定時刻の約2時間前に佐賀署に赴き、強盗計画を密告した。

しかし、同署の刑事から予定通り計画に加わるよう言われ、暴力団幹部の指示通りに別の男3人を車に乗せて押し入る予定の民家に到着したところで署員らに全員が取り押さえられた。同署は、現場にいなかった暴力団幹部を含め計5人を強盗予備容疑で逮捕した。

同署は、原さんら4人について「強盗目的で道具を持って民家に行った」などと発表。
原さんは20日間拘置され、佐賀地検は不起訴とした。原さんは「逮捕、拘置され、肉体的、精神的苦痛を受けた。警察の指示に従ったのに虚偽内容で発表され、名誉を傷つけられた」として08年3月に提訴した。

県警側は「密告を知られることなく強盗を阻止する方法はほかになかった。
強盗予備罪が成立し、自首にあたる」と主張して全面的に争っていた。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100827-OYT1T00653.htm



7 : マッサージ師(栃木県):2010/08/27(金) 14:45:41.36 ID:orNLONdu0
コントかよ