1: ごめん えきお君(チベット自治区) 2011/02/15(火) 22:58:31.96 ID:8CwvCi+G0●
「消費しない」今の若者たち。
お酒は飲まない、マイカーを持たない、ブランド品を買うお金があるなら貯蓄。
この背景には一億総中流と言われる中、豊かな家庭に育ち、最初から色々な物を与えられ育ってきた為欲しいものが減ったからという 理由が挙げられますがそれに加えて雇用不安が大きくのしかかってきているようです。

今春卒業見込みの大学生の就職内定率は過去最低の68・8%(昨年12月1日現在) 就職が決まらなかった学生は進路が決まらないまま卒業し既卒として再度就職活動に取り組む「就職浪人」になり、翌年現役学生と競い合うようになるため状況はどんどん厳しさをますばかり。

そこに今、更なる困難の要因が加わってきているのだそうです。

それは海外からの労働者。
パナソニックやソニー、ファーストリテイリングなどの大手企業が、海外の現地法人だけでなく、 国内でも外国人留学生やアジアの有力大学の学生を大量に採用し始めているんですって。
3年ほど前からその傾向が見られるようになってきているそうですが、ファーストリテイリングでは新規採用の6割が外国人という話もあるそうです。
外国人学生は優秀なだけでなく、日本の学生よりもずっと仕事に野心的で、問題意識をもっているそうです。

就職できない若者は非正規社員やフリーターとなり、日本の労働者の平均賃金を押し下げることになり 給与格差は広がる一方。


http://blog.radionikkei.jp/trend/nikkei_henshuiin/entry-197597.html